整形外科・リハビリテーション科

大網病院整形外科・リハビリテーション科

整形外科

整形外科・リハビリテーション科

外傷や骨折、腰痛症、頸部痛など骨関節疾患を中心に診断及び治療を行っております。診断にはレントゲン、CTスキャン、骨密度測定器と共にMRIなどの高度医療機器を使用しております。治療としては、投薬やリハビリなどの保存的外来加療を中心として、バネ指、陥入爪、四肢軟部腫瘍などの外来手術から、各骨折の手術などで入院加療が必要な大きな手術に対しても積極的に取り組んでおります。

リハビリテーション科

整形外科・リハビリテーション診療科

当科では理学療法士6名、作業療法士1名、言語聴覚士1名、リハビリ助手2名が入院患者さま、外来患者さまに対してリハビリテーション(理学療法、作業療法、言語聴覚療法、物理療法)を行っております。

入院リハビリテーション
主治医により、リハビリテーションが必要と判断された入院患者さまに対して、歩行や日常生活の自立、介護量の軽減、廃用症候群の予防、摂食嚥下機能の改善等を目的としてリハビリテーションを行います。

外来リハビリテーション
担当医師の指示のもと、理学療法士により運動療法と牽引や電機治療などの物理療法を行います。
運動療法は、主に骨折等の整形外科疾患の方を対象に関節可動域訓練や筋力トレーニングの実施、自宅で行える運動の指導等を行います。
物理療法は、身体各部位の慢性に持続する痛みに対し、可視レーザー・近赤外線等の光線や低周波・干渉波等の電気刺激・牽引など器械による消炎鎮痛処置を行っております。
外来リハビリテーションを行うには医師による指示が必要となります。リハビリを希望される患者さまは整形外科を受診していただく必要があります。

診療日

月曜日~金曜日 (祝日、年末年始を除く)

当科で診療する主な疾患

骨折各種 腰部脊柱管狭窄症 胸腰椎圧迫骨折 骨粗鬆症
変形性膝関節症 肩関節周囲炎 痛風 偽痛風
頚椎症 アキレス腱断裂 その他

過去3年間の主な手術件数

疾患名 2018年度 2019年度 2020年度
大腿骨(頚部・転子部)骨折 34 32 34 100
その他の骨折 3 8 8 19
軟部組織その他 6 26 32 64
43 66 74 183

医師紹介

特任副院長 宗藤 正理

宗藤 正理
自治医科大学
昭和60年卒
専門領域:外傷を中心とした整形外科、整形外科を中心とした漢方治療
スポーツ整形外科
日本整形外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本救急医学会専門医
日本東洋医学会会員

整形外科診療科長 豊田 明宏

豊田 明宏
自治医科大学
昭和57年卒
専門領域:整形外科全般、(特にリウマチ、外傷)
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会リウマチ医
日本リウマチ財団登録医

整形外科診療科長 野田 政樹

野田政樹
医師専門疾患及び検査:整形外科一般
医学博士
日本整形外科学会会員
日本骨粗鬆症学会評議員
医療安全管理者認定修了
医療品質管理者養成修了
緩和ケア研修修了