血液内科

大網病院血液内科

当科では、急性白血病、骨髄異形成症候群、骨髄増殖性腫瘍、慢性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍、および再生不良性貧血、自己免疫溶血性貧血、突発性血小板減少性紫斑病などの非腫瘍性血液疾患の診療をいたしております。
地域の開業医様から血液疾患疑いでご紹介いただいた患者様の診断から治療も行っておりますし、県内外の病院様ですでに血液疾患と診断された上でご紹介いただいた患者様の治療も行っております。

急性白血病など早急に治療開始が必要な疾患は、院内での骨髄検査・フロートサイトメトリー検査での迅速な診断に努めております。悪性リンパ腫の診断に必要なリンパ節生検は原則として当院の外科に依頼しておりますが、部位によっては他の病院の耳鼻咽喉科や形成外科に依頼させていただく場合もあります。
急性白血病などの治療では、強力な抗がん剤治療によって高度の白血球減少がおこりますので、白血球が減少している時期は無菌室で治療いたします。骨髄異形成症候群や悪性リンパ腫や多発性骨髄腫の抗がん剤治療は、原則として短期入院もしくは外来化学療法室で行います。定期的な輸血が必要な患者様は外来で輸血療法を行っております。

移植医療に関しては、千葉大学病院と連携して自家抹消血幹細胞移植を1年間に2,3例行っております。血縁者、非血縁者からの同種移植が必要な患者様は千葉大学病院・成田赤十字病院・青葉病院など同種移植が可能な施設に紹介させていただきます。当院では同種移植はできませんが、2017年度から日本骨髄バンクに協力してドナー様の確認検査・最終同意面談を行わせていただくことで、移植医療に貢献してまいります。

近年、新薬があいついで登場して血液疾患の治療成績は向上しましたが、再発を繰り返して治療困難になる患者様や、高齢もしくは併存疾患のために強力な治療が不可能な患者様も多くいらっしゃいます。そのような患者様ができるだけ苦痛なく安寧に過ごせるよう、当科では緩和的な医療にも力をいれています。

診療時間

受付時間:8:00~16:30まで 診察時間:9:00~

外来診療のご案内

午前 山﨑
(予約・紹介)
竹田
(予約・紹介)
東ヶ崎
(予約・紹介)
杉田
(予約・紹介)
午後 高木
(予約・紹介)
山﨑
(予約・紹介)
竹田
(予約・紹介)
東ヶ崎
(予約・紹介)
杉田
(予約・紹介)
小野
(予約・紹介)

※初診の患者様へ※
血液内科の初診は原則として紹介状をお持ちの方のみ予約制となりますので、事前にお電話にて予約をお取りください。
予約なくご来院された場合、外来の混雑具合により後日の診療になることがあります。

※ご紹介くださる医療機関の先生へ※
上記のとおり初診は予約制としておりますが、緊急の場合はその限りではございません。当日でもご紹介ください。しかしながら重症度によっては当院での治療が困難な場合もあります。緊急のご紹介の場合は、お電話でご一報お願いいたします。

外来担当医師一覧

当科で診療する主な疾患

急性白血病 悪性リンパ腫 多発性骨髄腫 骨髄異形成症候群
慢性骨髄性白血病 真性多血症 本態性血小板血症 原発性骨髄線維症
再生不良性貧血 溶血性貧血 血小板減少性紫斑病 血友病(成人)など

入院患者数

疾患名 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
急性骨髄性白血病 10 13 12 15 22
その他の急性白血病 4 4 5 6 5
慢性骨髄増殖性腫瘍 6 6 5 6 9
骨髄異形成症候群 16 22 31 30 34
悪性リンパ腫 33 37 37 38 40
多発性骨髄腫 22 25 20 24 16
特発性血小板減少性紫斑病 7 6 8 10 10
再生不良性貧血 4 4 7 10 5
その他の自己免疫性の血液疾患 1 4 3 3 4
その他の悪性腫瘍(原発不明癌等) 0 0 2 2
全身性アミロイドーシス 2 1 0 2
自家末梢血幹細胞移植 2 3 2

* 短期入院による化学療法などで入院を繰り返している患者さんは1人として数えております。
* 化学療法目的だけでなく、合併症による入院も含めております。

骨髄検査数

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
162 161 150 116 137

医師紹介

血液内科診療科長 杉田 泰雅

杉田 泰雅
医師専門疾患及び検査:血液内科
日本内科学会認定医
日本血液学会血液専門医
緩和ケア研修修了
日本骨髄バンク調整医師一人一人の患者さんにとって最良の医療を提供できるよう、患者さん・ご家族・スタッフと日々話し合いながら診療させていただきます。

血液内科医長 真子 千華

山﨑 敦子
医師専門疾患及び検査:血液内科
日本内科学会認定医
日本血液学会血液専門医

内科医長 小野 敬子

小野 敬子
東京大学医学部
平成24年卒
専門領域:内科
日本内科学会認定医
緩和ケア研修修了地域の皆様に安心して納得のいく医療を受けていただけるように日々精進しております。

血液内科顧問 高木 敏之

高木 敏之
医師専門疾患及び検査:血液がん化学療法
日本血液学会・功労会員、日本骨髄腫学会・功労会員
日本血液学会認定血液専門医・指導医
非常勤医師
氏 名 所 属 専門領域
山﨑 敦子 大網病院 血液内科
東ヶ崎 絵美 国際医療福祉大学三田病院 血液内科
橋本 真一郎 橋本医院 血液内科
竹田 勇輔 千葉大学医学部附属病院 血液内科

業績(2012年以降)

1)Tanaka H, Ohwada C et al. Leukemic presentation of ALK-negative anaplastic large cell lymphoma in a patient with myelodysplastic syndrome. Internal Medicine. 2012;51(2):199-203.

2)Tanaka H, Sakuma Y et al. Hepatitis B reactivation in a multiple myeloma patient with resolved hepatitis B infection during bortezomib therapy: case report. J Clin Exp Hematopathol 2012;52(1):67-69.

3)Tanaka H, Hashimoto S et al. Occurrence of lymphoplasmacytic lymphoma 6 years after amelioration of primary cold agglutinin disease by rituximab therapy. International Journal of Hematology 2012;96(4):501-5

4)Tanaka H, Shimizu N et al. Successful treatment by azacitidine therapy of intestinal Behçet’s disease associated with myelodysplastic syndrome. International Journal of Hematology 2013 2013 Apr;97(4):520-4.

5)Tanaka H, Yoshino K et al. Secondary Neurolymphomatosis Detected by Whole-Body Diffusion-Weighted Magnetic Resonance Imaging: A Case Report. J Clin Exp Hematopathol. 2013;53(3):221-6.

6)Tsukamoto S, Nakaseko C et al. Safety and efficacy of romiplostim in patients with eltrombopag-resistant or –intolerant immune thrombocytopenia. British Journal of haematology 2013 Oct;163(2):286-9 (共同研究)

7)Tanaka H, Ambiru S et al. Successful diagnosis of type II enteropathy-associated T-cell lymphoma by flow cytometry and cell block technique of celomic fluid, which manifested massive pyoid ascites and could not diagnosed by emergency laparotomy. Internal Medicine 2014;53:129-133.

8)Kawajiri C, Tanaka H et al. Successful treatment of Philadelphia chromosome-positive mixed phenotype acute leukemia by appropriate alternation of second-generation tyrosine kinase inhibitors according to BCR-ABL1 mutation status. International Journal of Hematology 2014 Feb 15. Epub ahead of print

9)Murakami, H, Shimizu, K, and Takagi, T Post-marketing
Surveillance of the treatment with THALEDO CAPSULE in the
Patients with relapse/refractory multiple myeloma. International J
Myeloma 5(1):8-14,2015

10)Ozaki, S, Hata, H, Takagi, T, et al: Reducede frequency treatment with bortezomib plus dexamethasone for elderly patients with relapsed and/or refractory myeloma: a phase 2 study of the Japanese Myeloma Study Group(JMSC-0902). Ann Hematol 95(6):921-9,2016