病院概要

大網病院病院概要

沿革

昭和27年12月 組合立国保直診施設山武郡南病院を開設
昭和29年12月 国保山武郡南病院組合と改称
昭和48年07月 一般病床62床で新築移転
昭和52年08月 一般病床20床増設82床となる
昭和60年04月 組合立解散により町立国保山武郡南病院と改称
平成08年05月 一般病棟60床、療養型病棟40床で新築移転し、大網白里町立国保大網病院へ名称変更し開院
平成15年04月 一般病棟80床、療養型病棟20床に病床数を変更
平成18年07月 一般病棟100床に変更
平成21年04月 一般病棟99床に変更
平成25年01月 市制施行に伴い、大網白里市立国保大網病院に名称変更
平成26年11月 地域包括ケア病床20床導入

概要

名称 大網白里市立国保大網病院
所在地 千葉県大網白里市富田884番地1
開設年月日 昭和27年12月
開設者 金坂 昌典
病院長 志村 賢範
診察科 内科、外科、消化器科、整形外科、リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科、麻酔科
病床数 99床(一般病床99床)
施設規模 鉄筋コンクリート造3階建、延床5856.4m²
入院基本料 一般病棟入院基本料(10:1) 地域包括ケア病棟入院医療管理料1